エロゲ日記(仮)

エロゲ感想、紹介、攻略とワイの日記 十八未満閲覧禁止

               ひと言

                       課題襲来

                       暑すぎワロタ

『どらぺこ! 〜おねだりドラゴンとおっぱい勇者〜』感想

f:id:dajima:20220326133239j:plain

1967字

どらぺこ!は2013年にアリスソフトから発売された商業エロゲである。原画は八重樫南。公式ジャンルはアイテムを手に入れ分岐を切り開くADV。

2019年11月に購入した。購入前にイブニクルの体験版をプレイしたことがあり、面白かった印象を受けた。セール時にイブニクルのほかにも一応同じ原画の本作も購入した。

DMM版


公式紹介

マーメイド、オーガ、ユニコーン……
神に次ぐ能力を有する彼女たち霊王類と呼ばれる者たちは、人間に知識を与え国を築かせ、導き手と呼ばれて共存していた。

――ドラゴンバレイ。

霊王類の中でも最強とされているドラゴンの恩恵により発展を遂げた国である。

ドラゴンバレイの王子エストは王位継承の儀式で迷子になりドラゴンと出会う。
それは少女の姿をした、はらぺこのドラゴン。

エストは命を救われたお礼に、そのドラゴンの少女……クゥと
「ドラゴンの悲願」を叶えることを約束する。

そして年月は流れ……。

エストはどこに出しても恥ずかしいエロエロ王子に成長し、クーデターを起こされてしまう。

捉えられ絶望したエストは、数年ぶりに再会したクゥに助けられ城を脱出するのだが……。

 

感想

[ストーリー&ゲーム性キャラクター&エンディング]

話は全部で七章あり、七章は二種類あるので実質八章と、ボリュームはそこそこのものだった。話を進めていくとアイテムが入手でき、手持ちのアイテムで新たな選択肢が選べるようになる。さらにextravaganzaや河原崎家の一族2のようなマップがあるが、本作は特定のルートを通らないと選べない選択肢がないので、オートセーブだけを使えばよく、セーブ&ロードは基本使わない。

また、本作にはバトルがあるが、その内容はアリスソフトにしては手抜きなじゃんけんである。相手もパターンがあるので、複数回やれば必ず勝てるようになっているので作業感が強い。幸いなことに全編通してバトルは10回ほどしかない(だったらなくてもいいような気がするが…)。

そして、バッドエンドを見ることで経験値を稼げるため、バッドエンドの数が非常に多く、その内容もバカげたものばかりだった。作業感が否めなかった。バッドエンドのバカげた感じもそうだが、主人公のキャラや作品全体の雰囲気にシリアスさは全く感じられなかったので、おそらくバカゲの類でしょう。バカゲはテキストで笑えるかが肝心だが、残念なことに自分には合わなかった。最初はいろんなところへ冒険しにいくかと思ったが、最後まで国から出ることはなく、スケールの大きい話ではなかった。

メインヒロインは四人おり、メインヒロインを含めた貧乳の二人はもちろん眼中にない。一応キャラのいい貧乳キャラはそこそこ好きだったりするが、上述した通りギャグ中心の本作でそのギャグが面白く感じられない自分にとってどのキャラとの会話も楽しめないものだった。残りはトオルとソースだが、ソースは比較的に出番が少なく、エロシーンもだいぶあとで出てくるため、印象に残らなかった。一方トオルのキャラデザは好みだが、キャラがあまり好きじゃなかった。また、ヒロインにトオルという男性の名前をつけたのはどうかと思う。トールならどっかの神のことを連想するだろう。ちなみに、私は友達が少ないので、エロゲの女性キャラに男性の名前が使われてもダメージを受けることはほとんどないのだ(国士無双)。本作はサブキャラが多く、その中でもアルマとトロが印象に残った。おねショタが好きなのでショタコンのアルマは嫌いじゃなったが、エロシーンが少なかった…一方トロはキャラは悪くなかったが、いかんせん自分は猫耳とかは好みじゃない。

アリスソフトといえばゲーム性のあるゲームか抜きゲだが、本作はゲーム性が弱く、エロシーンとシリアス要素が少ないためか、キャラゲひいてはバカゲであるとわかる。いつものアリスソフトとは違った作品だった。自分には合わなかったが、アリスソフトなので、完成度自体は高いため、本作を面白く感じる人がいても不思議ではない。

[エロシーン&CG]

主人公の性格のせいか、本作の雰囲気のせいか、絵のせいか、エロシーンの実用性はほとんどなかった。

そもそも本作のエロシーンの数自体はあまり多くなく、一部のサブキャラは1シーンしかなく、抜きゲではないということでしょう。アンジェラは立場的にもおっぱい的にももっと濡れ場があってもよかった気がするんだけどな…

閃〇カグラで八重樫先生を知ったのですが、八重樫先生の描くキャラクターはかわいくて魅力的だが、実用性に欠ける。抜きゲじゃなければあまり問題はないんだけどね。(ちなみにだが、本作をプレイしてる間に同時進行で閃〇カグラSVもプレイしていた)

[まとめ]

アリスソフトから出たバカゲ。人を選ぶが完成度自体は高い。自分には合わなかった。